砺波の家


富山県砺波市に計画した住宅です。

敷地は東西面を道路、北面を公園に囲まれた良好な環境の中にあります。繁華街も近く利便性もあり、施主は元ある母屋を解体し、この地に新たな終の住まいを建てることを決めました。

This house is planned in Tonami City, Toyama Prefecture.

The site is in a good environment surrounded by roads on the east and west sides and a park on the north side. Due to its proximity to the downtown area and convenience, the owner decided to dismantle the original main building and build a new final residence here.




解体前の写真です。

当初はこの建物の改修を計画していましたが、生活スタイルとの兼ね合いの中から、必要なサイズ、ヴォリュームを検討していくことで新築としての計画として進めていくことが決められていきました。


Photograph before dismantling.

Initially, we planned to renovate this building, but it was decided to proceed as a new construction plan by considering the required size and volume from the balance with the lifestyle. ..



完成した建物です。


The completed building.




正面の写真です。

深くゆったりとした軒が様々な環境や人々を受け入れます。


The front photo.

The deep and spacious eaves accept various environments and people.



内部に入ると、玄関からリビング、書斎へつながる長い通り土間が広がります。この通り土間を通り東西面の便利なアクセス動線を作っています。


Once inside, you will find a long street that connects the entrance to the living room and study.

This street passes through the dirt floor and creates a convenient access flow line on the east and west sides.


通り土間がリビングと庭の間を走り、縁側のような外部との干渉地点、人々の交流の拠点として活用されるよう計画を行っています。


We are planning to run the street soil between the living room and the garden, and use it as a point of interference with the outside such as the porch and a base for people to interact.


日々の環境の移ろいの中、大きな軒下で人と人もまたゆったりと繋がり合っていくような、時間軸の長い建築を目指し計画を行なっていきました。

In the midst of daily changes in the environment, we planned to create a building with a long time axis so that people could connect with each other under a large eaves.


note-北側採光について


Photo by Ippei Shinzawa