白江町の家

築40年を超える住宅の改修工事です。

使われなった母屋を改修し、若者世帯が暮らす住宅としてリニューアルを行いました。8畳2間の和室をつなげリビングとして活用、縁側を土間空間として作り直し屋内までその土間空間をできる限り介在させる事で、内外のつながり、広がりを与えています。

既存建物の意匠性を考慮しながら新たな外観デザインに作り替えています。

内装の意匠もできる限り保ち、その上で新たな要素を組み込む事を意識しています。

テーブルカウンターは和風の住宅にマッチするよう松の一枚板を使用しています。



共同設計:SWAY DESIGN

写真:池田ひらく