大浜の家

祖父母・夫婦・子供3人、計7人家族の2世帯住宅です。

比較的大きな住宅であるので、そのヴォリュームが街区に対して圧迫感を与えないよう慎重に計画を行っていきました。

建築が主張しすぎずに、優しく家族の生活を包み込むような住宅を目指しています。

外観です。要望された3台分の駐車場を確保し、断面、屋根勾配計画を意識することにより、建物正面からは平家にも見えるプロポーションを確保しています。

交通量の多い前面道路に面しこの住宅は建っているため、建物正面は閉ざしながらも、低く抑えられた建物高さ、軒高さが街区に違和感なく溶け込んでいます。

建物内部に入ると勾配を意識することで生まれた大屋根下に大きな吹き抜け空間が形成されています。

この吹き抜けに面し各部屋が並び、家族皆のコミュニティーが醸成されています。

大黒柱に支えられた大屋根の下、明るく風通しの良い、クリアな住環境が確保されています。

リビング南面には屋根の中に大きな空洞を設け光庭を確保することで、明るい光が年中生活空間に降り注いでいます。



写真:中村絵写真事務所