向本折の家

既存母屋の敷地に計画したコンパクトな住宅です。

三角形の特徴的な建物形状を生かし、庭を内包するロフト付き3階建ての住宅を計画しました。

建物高さをコントロールしながらその勾配、高低に合わせながら段階的に居室を配置しています。

特徴的な外観が印象的な建物です。

中庭やトップライトからは明るい光が降り注いでいます。



設計:サンカク