南砺の家


富山県南砺市に建てた小さな住宅です。

山々に囲まれたこの地は、特に南西方向からの山脈からの吹き下ろし風が降り注ぐ風の街でもあります。敷地からは田園風景と山並みを眺めることができると同時に周辺環境はカーポートにより溢れ、単調な街並みを築いています。

これらの地域特性の中、この地にふさわしい発展、持続性のある建築のあり方を目指し、計画を行なっていきました。

This house is planned in Nanto City, Toyama Prefecture.

Surrounded by mountains, this area is also a city of winds, especially from the southwestern mountains.

From the site, you can see the countryside and the mountains, and at the same time, the surrounding environment is full of carports, creating a monotonous cityscape.

Given these regional characteristics, we have been planning with the aim of developing and sustaining architecture suitable for this area.


外観写真です。

一見バラックのように見える外観は、地域特性を考えていった上でのある種の成果品です。

既製カーポートの高さを意識し設定した低い軒高、折板屋根により構成された深い軒と1.3mまで立上げられたシールレスなモルタル仕上げの腰壁が、風雨や積雪から建物を守っています。

The external photograph.

The appearance, which looks like a barracks at first glance, is a kind of product after considering the regional characteristics.

The low eaves height set with the height of the ready-made carport in mind, the deep eaves composed of folded-plate roofs, and the sealless mortar-finished waist wall raised up to 1.3 m protect the building from wind, rain and snow. I will.


大雪時にはモルタル壁が雪に沈み白い世界に駆体と屋根だけが浮き上がっている姿をイメージし、計画を行なっていきました。

During heavy snowfall, I imagined that the mortar wall would sink in the snow and only the body and roof would rise in the white world, and I made the plan.



架構グリッドもカーポートの規格サイズから割り出された2.7mで構成され、ふわりと持ち上げられた大屋根の架構が、周辺の景色の中に溶け込み広がっています。
この架構構成はどこまでも反復可能であり、この地における住宅設計の、再現性を持つ一つのモデルとして可能性を持ちます。

開口部からは流れる穏やかな風を年中受け入れます。

The frame grid is also composed of 2.7m, which is calculated from the standard size of the carport, and the frame of the large roof that is gently lifted blends into the surrounding scenery.

This frame structure is repeatable indefinitely and has the potential as a reproducible model of housing design in the area.

The gentle breeze that flows from the opening is accepted all year round.


内部と外部がシームレスにつながっていきます。

The inside and outside are seamlessly connected.


全ての室内空間に構造体がつながっていきます。

The structure is connected to all the indoor spaces.


室内から溢れる光が、街並みに彩りを与えています。



The light that overflows from the room adds color to the cityscape.





note-南砺の家について


Photo by Ippei Shinzawa